釣りを一から学ぶサイト

Fishing is learned from 1.


釣りの種類



釣りには種類があります。

まず大きく分けて海釣りと川釣りがあります。
海釣りには、磯の岩場で釣る「磯釣り」と
船に乗り沖に出て釣る「船釣り」と
海岸から投げ込むようにして釣る「投げ釣り
波止場から釣る「波止釣り」などがあります。

私は、もっぱら波止釣りです。
船釣りもしてみたいのですが、怖くて出来ていません…

川釣りは、川の上流で釣る「渓流釣り」と
川釣り(中流や下流などで釣る)があります。

また釣り堀での釣りがあります。
釣り堀での釣りは、すでに魚が入っていますので、
初心者向きです。

釣竿


釣りの仕方にもいくつか種類がありますので、
紹介したいと思います。

初心者向けなのが、さびき釣り、ルアー釣りです。
さびきは、糸の先に小さなかごを付けて、
いくつかのハリが付いたもので釣ります。

小さなかごの中にはあみえびを入れて、
それを落として釣ります。

私もさびきは好きでよくします。

簡単ですし、タイミングが良ければ、
アジやキスなどが沢山釣れるのでおもしろいですよ。

女性でもしやすいです。

ルアー釣りですが、釣りをしたことがなくてもなんとなくわかるのではないでしょうか。
疑似餌を使って行う釣りです。

スズキ(シーバス)やアオリイカが釣れます。

ルアーは、餌を選ぶことがキーになってきます。
形、大きさ、色が沢山種類がありますので、
ルアー選びで釣れるか釣れないか決まってきます。

また、ルアーの動かし方でも違います。
それはまたおいおい、お話ししていきましょう。

中級者になったら、波止場でうき釣りをしてみましょう。
うき釣りは、ハリが糸の先端についていて、
その中間くらいにうきを付けます。
ハリとうきの中間には、重りを付けます。

ハリの先にエサを付け沈めます。
魚がつっつくと少しうきが反応します。
そして、魚がえさをくわえたら、うきが沈みますので、
そこであわせます。
*あわせるとは、魚の口にはりをひっかけることです。
うまくあわせないと魚は釣り上げられません。

上級者になれば、磯でのふかせ釣りに挑戦してもいいかもしれません。
狙う魚はクロダイ(チヌ)です。
つまり大物を狙うということです。
ときどき朝釣りの番組を観るのですが、
磯でクロダイを狙っているのを観るとわくわくします。

ふかせ釣りは、うき釣りの応用編と思ってもらうと良いでしょう。
うきは、円錐うきを使います。

仕掛けはいくつかありますので、
次回お話ししていきたいと思いますが、
うき釣りよりも難しいですが、そのぶん自由自在に釣りが可能ということです。
まあまずは、ルアーやさびきで釣りを楽しみましょう。





| 釣りの種類 | ビキナー向けの釣竿 | 釣りをするときのマナー | カニを釣る | 地域ごとの魚 |



Copyright(C) 釣りを一から学ぶサイト 2012 All Rights Reserved.