釣りを一から学ぶサイト

Fishing is learned from 1.


釣りをするときのマナー



釣りには、結構細かいマナーがあります。
お金を払って簡単に釣りができる釣り堀では
そこまでうるさく言われることはありませんけれど、
川や海で釣りをするときには最低限のマナーを知っておかないといけません。

○ゴミは必ず持ち帰る
あたり前のことなんですが、これが一番の問題だと言えます。

正直マナーというよりも常識問題だといえるでしょうね。
コンビニのビニール袋やおにぎりの袋、弁当箱、ペットボトル、
余った練りエサ、切れた釣り糸などなど・・・
これらが釣り場に散乱してたら誰だって嫌ですよね。

また、ゴミの影響で海が汚れたり、
ウミガメや海鳥などに危害を及ぼすことがあります。

絶対に自分が出したゴミは各自の責任で持ち帰りましょう!

○先客には必ず挨拶する
目当てのスポットにすでに人がいた場合、
「こんにちは。お隣よろしいですか?」の一言でいいので挨拶しておきましょう。
そうすればトラブルになることはまずありませんし、
その釣り場が良いかどうか、様々な情報を教えてもらえることでしょう。

○大きな音を立てないようにする
大声で話したり、大音量で音楽を欠ける行為は
周りの釣り人に迷惑をかけるだけではありません。
魚は音に非常に敏感な生物ですので、音に驚いて逃げてしまうことがあります。
極力大きな音を出さないようにしましょう。

○場所を広く占有しないこと
数種類の釣竿や釣り餌など、釣り道具を広げておいたり、
その他荷物をたくさん置いて釣り場を専有することは
ほかの釣り人に迷惑になりますので絶対してはいけません。
基本的にブッコミ釣りをする時以外は釣竿は1種類のみを持ち込みましょう。

○必要以上に釣り過ぎてしまうことに注意
「今日はたくさん釣るぞ!」
と意気込んで釣り場に向かうことは良いことだと思います。
しかし、実際に何十匹と釣り上げて明らかに消費できない量を、
実際に持ち帰るのはダメですよ。

必要な分だけ持ち帰り、残ったものは生きたままリリースしましょう。
また釣った魚が小さい場合は、リリースしてあげましょうね。

次に来た時にまた釣れるように願いながらリリースするといいかもしれませんね。



| 釣りの種類 | ビキナー向けの釣竿 | 釣りをするときのマナー | カニを釣る | 地域ごとの魚 |



Copyright(C) 釣りを一から学ぶサイト 2012 All Rights Reserved.