釣りを一から学ぶサイト

Fishing is learned from 1.


地域ごとの魚



季節ごとに採れる野菜が違うように
魚にも旬があるのはみなさんもよくご存知だと思います。

また生息地域が限られている魚もあるんですよね。

これらの代表的なものをご紹介していきます。

○ムサシトヨミ
関東地方の一部(東京都西部、埼玉県熊谷市・川越市、茨城県、千葉県など)で生息が確認されている魚ですが、近年の都市化の影響により生息が確認が急激に減少しており、
現在では埼玉県熊谷市の元荒川源流域のみ生息の確認がされています。

ここは冷たくて綺麗な湧水を水源とする小川で、
埼玉県の天然記念物に指定されております。

○カツオ
カツオといえば全国の漁港で水揚げされますが、
有名なのがやはり高知県ですよね。
高知県ではカツオを県の魚として設定しています。

さてカツオは季節によって味が異なります。

3月初旬頃から黒潮が徐々に南の方から北上してくるのに合わせて、
カツオも北上してきます。
この頃に獲れるカツオを初鰹といい、
脂が乗っていなくてとてもさっぱりしていて、
かつおのたたきにするには向いていると言われています。

9月下旬頃から三陸沖から親潮が南下してくると、
カツオも南下してきます。
この時期のカツオを戻り鰹といい、
非常に脂が乗っていて刺身にするのにはもってこいです。

カツオは魚の中で3番目に早く泳ぐ魚として知られており、
およそ時速60kmで泳ぎ続けます。
ちなみに1位は時速100kmのカジキ、2位は時速80kmのマグロです。

カツオを釣るには、
えさの見極め目、リールの巻き方など熟練した技術が必要になりますので
初心者の方にはオススメしません。
管理人もまだしたことがないのであまり偉そうなことは言えませんけれど・・・。


紹介した魚以外の季節の魚や地域限定の魚の情報を知りたい方は
JF全漁連ホームページをご覧ください。





| 釣りの種類 | ビキナー向けの釣竿 | 釣りをするときのマナー | カニを釣る | 地域ごとの魚 |



Copyright(C) 釣りを一から学ぶサイト 2012 All Rights Reserved.