釣りを一から学ぶサイト

Fishing is learned from 1.


ビキナー向けの釣竿



これから初めて竿を買おうと思っている方に是非読んで頂きたい記事です。
ベテランの方には初歩的なことですので、おすすめしません。

では、早速どんな竿が良いのかお話ししていきます。

まず最初に断っておきますが、
この1本の竿さえあれば全て大丈夫!なんてものがありません。
釣りたい魚と釣り方の種類で釣竿の種類を変えないと釣れないだけではなく、
竿や釣り糸に負荷がかかってしまい、折れたり切れたりします。

それでは値段についてです。
よく1000円とか2000円くらいでペン型の竿をみますが、
あれは使い捨てだと思って下さい。
細いので、小さな魚しか釣れないですし、
ちょっとしたことでボキッと折れてしまいます。

出来れば、10,000円前後くらいは出したいところですね。
予算が厳しい!という方は5000円程度のしっかりしたものを
購入しましょう。

特に2.5〜3.0メートルぐらいの投げ竿がオススメです。
投げ竿は糸にオモリをつけて遠くに投げ飛ばすための竿で
丈夫に作られています。
多少使い方が荒くても簡単に壊れませんし、
使い回しがよく、オールマイティーに使用されます。

ただし、使いやすいかどうかは別になりますね。
竿が固いと魚がエサ(ワナ)にかかったかどうかがちょっとわかりづらいですので、
このへんは釣りの種類に合わせて竿を変える必要が出てきます。
例えば、さびき釣りをしたいと思っているのであれば、
磯竿の2号から3号の物を選びましょう。

ルアー釣りをしたいなら投げ竿でも磯竿でも大丈夫です。

テトラポットの隙間にたくさんいるメバルやカサゴには
やわらかい磯竿や長い投げ竿だと結構使いづらくので、
少し短めの丈夫な竿がベストです。
エサはシラサエビを使います。

まとめると
・安いペン型はやめておくこと
・オールマイティーに使いたいなら投げ竿
・サビキ釣りには投げ竿よりも磯竿が良い

という感じですね。





| 釣りの種類 | ビキナー向けの釣竿 | 釣りをするときのマナー | カニを釣る | 地域ごとの魚 |



Copyright(C) 釣りを一から学ぶサイト 2012 All Rights Reserved.